e-bikE用トップチューブバッグ製作記の6回目。

今回はファスナー回です。


前回の記事はコチラ


ファスナーの端っこを織り込んで始末を付けていくのですが


1cm程度の幅で線を引いたら、ゴム系のボンドを塗ってしばらく放置します。

すぐに接着したいところですが我慢してくださいね。

ここを急ぐとしっかり接着出来ません。


軽く指で触って手につかない位になったら、頃合いです。

画像のように折り返していきます。


20220223_160120

反対側も同じように。

長さが違うのには理由があるのですが後程。


はみ出た部分を裁ち鋏でカットします。

よく切れる鋏じゃないとほつれてしまうのでご注意を。


次はパーツへの取付。

ファスナーの両端に両面テープを貼っていきます。

今回は5mmで。

数mm刻みで100円ショップなどで入手出来ると思います。


歪まないように気を付けつつ、本体パーツに貼りつけていきます。


閉じるとこんな感じに。

今回は厚みのある床革でマチを作ってしまったので拡がっちゃってますが、本製作ではもう少し収まり良くしたいですね。


全開にしたところ。

今日はココまで!


追記

20220224_201938

ファスナー端の始末の長さに違いがあるのは、手前側はマチと本体のパーツで挟んで縫う分短くなるんですね。

この画像だと分かりにくいかな。


次回はそろそろ組み上げて自転車とのバランス見たいですね。



面白かったら👏をいただけると管理人が喜びます↓








e-bike用トップチューブバッグ製作記の5回目。
今日は側面ファスナーの開口部を拡張していきます。

前回の記事はコチラ


まずファスナー用の切れ込みの左端にこんな風に定規で線を引きます。

20220223_122541

線の上から別裁ちでカット。

IMG_20220223_123503

ペラーん。

IMG_20220223_123707

続いてマチの仕様を考えていきます。

今回もコピー紙とにらめっこ。

20220223_131447

図形は補助線。

線引き大事。

IMG_20220223_133141

厚紙に糊で貼りつけてカットしたら、床革に写していきます。

20220223_134319

再びカット。
曲線部はフリーハンドで。

20220223_134513

無事マチのパーツが出来ました。

20220223_140707

収まりを見ながら、現物合わせで微調整していきます。

20220223_141148

マチを縫いつけるための目打ちをして…。

20220223_143839

仮接着してみました。

ファスナー取り付けるとどうなるかは次回に。


面白かったら👏いただけると喜びます。


















20220222_195953

前回の記事はコチラ

今回は本体の組み上げとベルトの取り付けまで仕上げて、自転車とのバランスをみたかったのですが、開口部の取り付けを忘れてました。

なので、今日はそちらを考えていきます。

20220222_191030

色々考えられますが今回はファスナーでいきます。
さっそく近所のオカダヤへ。

吊しでファスナーが売っているのですが、カットコーナーに持って行くと店員さんが加工してくれます。

今までは希望の長さに切って貰っていただけなのですが、引き手のパーツも交換可能とのことだったので、大きめの穴が開いているタイプに交換して貰いました。
(多少の加工賃かかります。)

20220222_192424

なんで交換したかというと…。

20220222_195556

こんな風に革の引き手を付けられるから。
色々表情つけられてこのタイプ好きなんですよね。

20220222_195953

ファスナーは準備出来たので、型紙に取り付け位置を記入していきます。

20220222_200005

テンプレートを合わせてみて、どれくらいの幅が必要か考えます。
12mm位かな。

20220222_200152

型紙に取り付け位置を記入したら…。

20220222_200453

革の方に写します。

20220222_201042

12mmの穴開けポンチがあったので端っこを抜いたら、穴と穴を直線でつないでカットしていきます。

20220222_201647

ファスナーと合わせてみるとこんな感じに。
今回は30cmのファスナーを25cmに加工して貰いました。

ファスナーも用途やデザインに合わせて本当に沢山の種類があるのですが、自分好みにパーツを組み合わせたい場合は取り寄せで対応していただけるそうです。

このまま縫い上げても良いのですが、開口部狭いのでどうしようかな…。
次回までに考えます。

読んでいただいてありがとうございました。

↑このページのトップヘ